茎を食べる野菜の保存方法と栄養(アスパラガス、セロリ)

 
  2018/07/03
WRITER
 
セロリ
この記事を書いている人 - WRITER -

アスパラガス / ~asparagus~

保存方法

生のまま保存する

根元にキッチンペーパーを巻き、袋に入れて立てて保存する。

茹でてから保存する

沸騰したお湯で根元から茹で、固めに火を通してから冷凍保存する。

お役立ち

根元から先まで瑞々しい新鮮なものを選ぶ。

 

栄養

アスパラガスは、その名も「アスパラギン酸」という成分を含有しています。

アスパラギン酸には「新陳代謝」「利尿作用」「疲労回復」といった効果があり、スタミナをつけるのにとても良い栄養素です。

スポーツをする方や、体力仕事をしている方は積極的にこの「アスパラギン酸」を摂取すると良いです。

*アスパラギン酸は「熱に弱い」ため、加熱しすぎないように注意して下さい。

お役立ち

アスパラギン酸を含む食材:アスパラガス、豆類、もやし、サトウキビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The part like a triangular scales is called “hakama”

知識:茎の三角のうろこ状のものは「ハカマ」と呼ばれる。

 

 

セロリ / ~celery~

保存方法

お店で買うととても大きく、香りに独特なクセがあるため購入を控える方も多いと思います。

栄養満点なセロリをたくさん食べるためにも、この記事が参考になれば幸いです。

セロリの保存

① 葉っぱと茎を切り分ける

② 葉もあわせて湿らせたキッチンペーパーを巻き、ラップなどで包む

③ 野菜室に入れて立てて保存する

セロリは葉っぱにも栄養が豊富なので、捨てずに保存して食べてください。

 

栄養

セロリには「βカロテン」「ビタミンB1, B2, C, E」がバランスよく含まれています。

<ビタミンの働き>

ビタミンB1:糖質の代謝に関わる。ご飯やパンをエネルギーに替える大事な栄養。

ビタミンB2:糖質、脂質、タンパク質などほとんどの栄養素の代謝に関わる大事な栄養。

ビタミンC:鉄分やカルシウムなど、ミネラルの吸収を助ける。

ビタミンE:抗酸化作用を持っており、血管や血液を正常に保つ。

*特にビタミンB群が欠乏すると様々な健康リスクが高まるので、意識的に摂取して下さい

セロリは葉っぱにもこれらの栄養が豊富ですので、ぜひ捨てずに食べてください。炒めたり、スープにするのがお勧めです。

また、ビタミンは水に溶けるものが多いので、炒めるときはサッと手早く炒め、水分の流失を抑えるようにしてください。もしくはスープにすることで溶けたビタミンも余さず摂ることができます。

お役立ち

セロリの独特の香りは「加熱」することで抑えることができます。

 

他の野菜は↓↓から

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 豆と野菜 , 2018 All Rights Reserved.