つぼみを食べる野菜の保存方法と栄養(ブロッコリー、カリフラワー)

 
  2018/07/03
WRITER
 
cauliflower
この記事を書いている人 - WRITER -

ブロッコリー / ~broccoli~

保存方法

ブロッコリーは加熱してから保存するのがおすすめです。ゆで時間も短いため、買った日にサッと火を通して冷凍保存しましょう。

<ブロッコリーのゆで方>

① 茎を切り、房部分を同じ大きさに切り分ける(お好みのサイズ)

② 太い茎の外側を剥いて輪切りにする

③ 「沸騰したお湯」に入れ、再沸騰するまで茹でる(2分程度)

*生のまま保存する場合は、乾燥しないようにラップなどで包んで冷蔵し、房が柔らかくなる前に調理しましょう。

お役立ち

房が大きく、締まっているものを選んでください。

栄養

元は鑑賞用の植物だった「ブロッコリー」ですが、「ビタミンC」「ミネラル」が豊富な「緑黄色野菜」の一つです。「ビタミンK」「βカロテン」も豊富です。

*ビタミンが豊富な野菜は「蒸して」調理するのがお勧めです。水溶性のものが多いビタミンは、茹でるとビタミンが溶出してしまいます。

お役立ち

ビタミンの溶出を防ぐには : 蒸す/油で揚げる/*生で食べられるものは生で食べる

*ブロッコリーやカリフラワーを生で食べるのはお勧めしません。

 

カリフラワー / ~cauliflower~

保存方法

保存方法は「ブロッコリー」と同じですが、茹でるときに「お酢」を加えるのがポイントです。

<カリフラワーのゆで方>

① 茎を切り、房部分を同じ大きさに切り分ける(お好みのサイズ)

② 「沸騰したお湯」にお酢を加え、再沸騰するまで茹でる(2分程度)

お役立ち

・お酢を入れることで、カリフラワーが綺麗な白色に茹であがります。

・お店では「真っ白できれいな」ものを選んでください。

栄養

カリフラワーも「ビタミンC」が豊富な野菜です。カリフラワーのビタミンCは蕾の中に含まれているので、煮込んでも流出が少ないと言われています。

綺麗な白色を生かして、様々な料理に使ってみてはいかがでしょうか。

見た目にも美しいカリフラワーを使うと、日々の料理が一層楽しくなりますよ。

 

ロマネスコ

「ロマネスコ」

カリフラワーとブロッコリーを掛け合わせた品種。独特の花蕾がとてもきれいですよね^^

 

「つぼみを食べる」野菜ということで「ブロッコリー」と「カリフラワー」をご紹介しました。

数ある野菜の中でも、蕾を食べるというのは実は珍しいのです。

「蒸す」ことで栄養を損なうことなく、色鮮やかに調理できます。

蒸し時間も短くて済むので、「蒸し野菜」に興味のある方はぜひ「ブロッコリー」や「カリフラワー」から試してみてください。

*少し固めがお勧めです。蕾が水っぽくならないように加熱時間は「短め」を意識してください。

 

他の野菜は↓↓から

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 豆と野菜 , 2018 All Rights Reserved.